So-net無料ブログ作成

変な温泉 [温泉]

以前行った温泉宿が変だった思い出があるので
一応載せておきます。


そこは国道から県道みたいな横道を
登っていった途中の左手の山の中腹みたいな所にありました。


夕方暗くなっていたので、
「あんな所に1軒だけ明かりが見えるけど、まさかあれ?」
という感じで、
その県道みたいな道からの入り口も1度見落として
行き過ぎてから戻って、少し狭い道を伝わっていきました。


だから、大型バスは来れそうもない所でした。


そこの内湯はやたらと熱くて、
その日は中に浸かれないであきらめたような記憶があります。


では、露天風呂はどうか? と言うと
確か、いい湯加減だった気がします。


でも、檜みたいな大きめの風呂桶が1つあって、
露天風呂は男女ともその同じ場所にしか来れません。


ですから、そこに男性が入っているのが見えれば、
当然ながら女性は外に来れません。


その外湯にはそんなに何人も入れませんので、
見知らぬ男女が一緒に入るような事も、尚更なさそうです。


しかし、もっとたまげた事件が起きました。


1泊して翌朝一風呂浴びに行って脱衣して戸をあけたところ、
何と中で女性が体を洗っているではありませんか!


こういうあり得ない時って、頭の回転が止まる感じですね。


取りあえず脱衣室に引き返したら、
男湯と女湯の入り口の大きな布ののれんが、昨夜と反対に
掛け変えてあったのでした。


勿論、こっちはそんな事とは思いもしないし、
聞いてもいなかったので、
そんなのれんなんて良く見ずに中へ入った訳です。


でも、中にいた女性から見れば、
私が知っていてわざと入って来たように思ったかもしれません。


この温泉宿の経営者の不用意なやり方によって
せっかく泊まりに来たのに犯罪者みたいに
させられてはたまりません。


この温泉宿は、屋内の廊下で炭を燃やしていて
空気が汚れていた点も非常に気になりました。


これで一酸化炭素中毒にならないのかと心配な程でした。


でも、確か平日だったはずにしては、
たくさんの宿泊客がいて、
経営的には多分儲かっているのだろうと思います。






最近行った温泉 [温泉]

家から車で30分か1時間も走れば
幾つもの温泉旅館や日帰り温泉施設に行けます。


最近も何軒か続けて行ってみましたので、
感想を書いておきます。


まず、ある山際の温泉ですが、泊まりも可能ですが、
日帰りで入浴しました。


露天風呂は広くてなかなか良かったのですが、
写真では素晴らしい景色でいい感じなのに
片方の側に
鉄の単管で枠を立てて
風よけか何かのネットを張ってありました。


これは外から川づたいにのぞきに来るのを
防ぐ為かな? とも思いましたが、
もしかすると冬だけ風よけに立てるのかも知れません。


いずれにしても、
最も写真写りのいい場所の景観は台無しでした。


次に行った日帰り温泉施設は
定休日の曜日がガイドブックに載っていた曜日と
変わってしまっていて、休みで入れず、
日を改める事にしました。


やっぱりガイドブックは3年位で
買い換えないと駄目かも知れません。
勿論、事前に電話などで確認すれば良かったのですが。


その次の所はしっかり確認してからにしようと思い、
電話して聞いたところ、
「やっております」
との返答だったので安心して行きました。


ところがいざ着いたら、
あるはずの露天風呂の表示が見当たりません。


尋ねたところ、
「冬季は露天風呂はお休みしていて入れません。
5月から10月まで入れますからまた来て入って下さい。」
との事。


なので内湯にだけ入りました。
その分入浴料金は安くなっていましたが、
期待はずれの感は否めませんでした。


さて、
休みで入れなかった方の日帰り温泉施設には
日を改めて行きましたが、
そこで前代未聞のセリフを聞かされました。


サウナに入ったところ、
中にいた別の男性客が何かこちらに言うのです。
よく聞き取れず何度も聞き返してやっとわかりました。


「着ているように」
みたいな事を言っていたのです。


言われてみるとその男性客はTシャツを着ていました。
多分短パンもはいていたようです。


「戸口にそう書いてあるから」
とも言われて見てみると
確かにサウナの入り口にはそう書いてありました。


しかし、私は未だかつてこんなサウナがあるなんて
考えた事もなかったので、
本当にびっくりしました。


世の中には変わった温泉施設があるのもなんですね。


勿論、今回の話はごく一部の例外的な所で
他のほとんどの温泉は特段問題はないと思います。


それにしても、こういう所の経営者や管理者は
一般庶民が誰でもトラブルなくすんなりと
利用できるように
もう少し公共性を考慮した設備づくりや表示に
心掛けて欲しいものです。





タグ:温泉
スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。