So-net無料ブログ作成

スキー、スノボーは面白いの? [スキー]

スポンサードリンク




関東甲信越に限らず、冬ともなればスキーやスノボーを
やる人がたくさんいるようです。


高い板やブーツやウエアーなどの用具を揃え、
車にはスタッドレスタイヤをはかせ、
キャリアーを屋根に付け、
日帰りどころか宿泊してまで、滑ろうというのです。


寒いのが苦手な人からすれば、
どうしてそんな事をしたいのか、気持ちがわからないのですが、
やりたい人はやりたいんですね。


確かに滑る感覚という物は、
日常的にはあまり味わう機会はありません。


道路の水溜まりが凍っていて滑るのとは、
ちょっと違う面もあります。


まぁ、要するに快感がある訳です。


そして、同じ滑るスポーツでも、スケートと違って
スキーやスノボーの場合は坂でやりますので、
勝手に進んでくれるのが楽でもあります。


自分の筋肉で速く走ろうとすれば
相当の運動量が必要ですが、
ただ立っているだけでそれ以上のスピードが出てしまいます。


そういう点でも面白いのかもしれません。


とは言っても、ある程度上達しないと
そんなに楽には滑れません。


そして、その為には何度も転んだりします。


だから、単なる娯楽・レジャーとしては、
相当危険性が高いのは間違いありません。


それなのに連休などにスキー場に行ってみると
家族連れ、親子連れ、学生どころか中高年まで
老若男女を問わず大勢の人が滑っています。


よくこんなに暇な人がいるものだ、
と感心する程です。


でも、やってみると多分多くの人が
もっとやりたくなってくるようです。


そして、少しできるようになると、
もっとかっこ良く滑りたい、と思うのです。


更には、かっこ良く滑れないとシャクだ、
と思えてきます。


レベルが上がってくるとバッジテストとか
大回転などの大会などに
出場したくもなってきますので、
ますますハマッていくのかも知れません。


それにしても、スピードが出てしまう物なので、
まずは睡眠を良く取り、
ボーッとした状態で滑らない事が
かなり大事です。


それと同列なのが飲酒です。


スキー場のレストランではビールなども
売っていますので、
仲間と行くとお昼に一杯やりたくなる訳です。


そこでホロ酔い気分になるのはいいのですが、
これが実はめっちゃ危険です。


よっぽどしっかり酔いを覚ましてから滑らないと
もしそのまま急斜面に行った場合に
スピード感覚が麻痺していますので、
暴走してしまうんです!


アルコールのせいで
運動能力が正常より低下している状態なのに
スピードは普段よりも出てしまうのですから、
こんな恐い事はありません。


そこへ持ってきて運動量も増えていますので、
心拍数が物凄く高くなってしまいます。


つまり、心臓への負担が尋常ではありません。


これは酒を飲んだ後に風呂に入る以上に
危険と言えます。


まだ20代位で、体育会系で酒も強いと
完全に自信があるならまだマシかも知れません。


そうでもなかったら
スキー場で飲んだら後はもう滑らずに
のんびり休憩でもしていた方が絶対安全なのです。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。