So-net無料ブログ作成

「4WDというのは実は嘘だ!」と思った瞬間 [自動車]

スポンサードリンク




朝、軽トラで用足しに出掛けようと思い、
いつも通りにエンジンをかけて
発進しようとしましたが、進みません。


新雪が約25cm積もっていましたが、
雪が柔らかいし、
平らな場所なので、
普通は全然問題なく進めるはずなんです。


どうもタイヤが滑って空転しているようにも見えたので、
その近くだけスコップで雪をどかして
やり直しましたが、駄目でした。


雪をどかしては発進を試みる事を
10回位やり、
やっと1~2m進みましたが、
時間がかかるので
地面に古いタイヤチェーンを敷いて
やっともう少し又少し前に出ました。


しかし、良く見ていると
右の前輪や左の後輪はクルクル回転しているのに
右の後輪はちっとも回転していません。


この軽トラはフルタイム4WDのはずなので、
片側があんなに回転しているのに
もう片方が回転していないなんておかしいです。


私は
「この軽トラがフルタイム4WDだというのは嘘だ!」
「絶対にメーカーを訴えてやる!」
と思いました。


そして、又発進を試みて何とか庭から道まで出ましたが、
どうも車体が右に少し向いたまま進んでいます。


もう少し道路を走ってみましたが、
やはり少し右向きで、
真上から見た場合に、
左の前側が前になってはすに構えたままで、
軽トラが斜めになったままで進んでいます。


隣りの家の人も丁度それを見て、
「右の後輪が回っていない」と言っていたようです。


つまり、右の後輪はただ引きずられて
抵抗になっただけの状態で走っていたのです。
要するに3WD状態だったのです。


それでも何とか広い所まで走って停車させました。


「こりゃあ、ここに置きっぱなしで、
後で出張修理に来てもらうしかないな。」
「もう次回は車検も通らずに廃車かな?」
とも思いました。


で、ふと何となく「凍ったのかも。」
とも言われたので
魔法瓶に入ったお湯を持ってきてもらって
右の後輪の中心部というか
ディスクブレーキの付近などにぶっかけてみました。


そして、少し発信させそうに何回かアクセルを
踏んでいたところ、
「コキン」と音がして回転できるようになりました。


やはり、そこだけ凍りついていたという事のようでした。


もしかしたら、
道路の雪に混ざっていた塩化カルシウムも氷と一緒に
固まっていたのかも知れません。


その後すぐに用足しに10km位走りましたが、
まったく大丈夫でした。


何十年も4WD車に乗っていますが、
こういう経験は初めてでした。







スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。