So-net無料ブログ作成

スキー場の恐いコンディション [スキー]

スポンサードリンク




スキーって自然相手のスポーツなので、
雪質によって物凄く
うまくいったりいかなかったりしますよね。


やっぱり雪が柔らかいとコケても痛くないし
フワフワ感もあっていいです。


逆に雨とかみぞれの降った後に
冷えて凍ったみたいな日だと、
もう地面が硬くて
転んだら痛くて嫌です。


だけど、実はもっとヤバイ状態がありますね。


そう。
クラストです。


雪の上っ面が最中の皮みたいに
少し硬くて
その下は普通の柔らかい雪になっているあれです。


そこを滑るとその最中の皮が
割れてバリバリと音をたてます。


ご存知の通り、
こういう雪質になってしまうと
普段のようにターンができません。


要するに右とか左とかに
曲がりたくても曲がれずに
真っ直ぐにしか進めないんです。


いや、ジャンプして無理矢理両方のスキーを
同時に右とか左に
向ければ一応ターンできなくもありませんが、
凄く疲れるし難しいです。


一番怖いのは、
圧雪してある所から
クラストしている所へ
そうなっているとは知らずに
滑って行った場合です。


そこまでは普通にターンして来れたのに
突然まったくターン不可能になります。


本当に「えっ、何で!」っていう感じで
気持ちもパニックになります。


スピードが出ているとそのまま
止まる事も曲がる事もできずに
行き着く所まで行ってしまうんです。


私も一度だけ止まれずに
小川に突っ込みました。


本当に恐いです。




スポンサードリンク



タグ:スキー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。